「マジェスティ ロイヤル」のニューモデルが2023年1月27日に発売される。新作が登場するたびにワクワクさせてくれる同モデルの、今回のテーマは「飛びの自己ベストへ」。さて、どんな手法でゴルファーを虜にするのだろうか。

自己ベストを生むドライバーの新搭載テクノロジー

今回、ドライバーに搭載された注目テクノロジーの1つが「クラッチウェイト」だ。ヘッド後方サイド部ギリギリに重量を配置することで左右・上下の慣性モーメントと重心角を従来モデルよりも大幅に高め、つかまりと安定性を向上。なおかつ余分なバックスピンを軽減することで、かつてない飛距離が体験できるという。

画像: ヘッド後方に配置された「クラッチウェイト」(左の青い部分)。ヘッドの美しさはマジェスティの伝統(右)

ヘッド後方に配置された「クラッチウェイト」(左の青い部分)。ヘッドの美しさはマジェスティの伝統(右)

また、強靭なTi-613材を使用したフェースにも注目だ。このフェースには偏肉設計が施されていて、反発性能がこれまた従来モデルよりも向上している。加えて「チタン・モノコックボディ」のクラウンはわずか0.4ミリと極薄。これによりインパクトの力をロスなくボール初速に変換することが可能に。これらの効果によるボール初速のアップが実現され、それによる飛距離アップも期待できるのだ。

画像: 美しいフェースの裏側は偏肉加工が施され、初速アップに貢献

美しいフェースの裏側は偏肉加工が施され、初速アップに貢献

そしてシャフトだ。新たな「パワーEIシャフト」は軽さとしなやかさを両立ししつつ、手元側にタングステンで重量を付加。素早いしなり戻りが得られるとともに身体のキレをよくしてくれるのが特徴で、こちらも自己ベストの飛び実現に一役買ってくれる。

画像: 毎回高い評価を得るシャフト。今回も大いに期待できる性能となっている

毎回高い評価を得るシャフト。今回も大いに期待できる性能となっている

今回も「マジェスティ ロイヤル」はドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンのフルラインナップで登場。もちろん女性用も同様。ここで紹介したドライバーに限らず、そのどれもが最高の素材、テクノロジー、そして匠の技によって生み出されたもの。最高の飛びを求めるゴルファーに相応しいモデルなのだ。

This article is a sponsored article by
''.