フェラーリ初の4ドア4シーターモデルが登場した。その名は「プロサングエ(Purosangue)」といいイタリア語で“サラブレッド”を意味する。そしてこのモデルこそ、以前から登場すると言われていた“フェラーリのSUV”なのだが、その中身を知るにつけ、単なるSUVではないことがよくわかる。

フェラーリ新時代を感じさせる革新的モデル

2022年9月13日、欧州で発表されたプロサングエだが、フェラーリ75年の歴史において初めての4ドアモデルだ。2+2の4シーターは初期から存在したが、4ドア4シーターはなかった。そしてこのモデル、4ドアだから“大人しいフェラーリ”などと思ったら大間違いだ。

エンジンはフロントミッドに搭載し、ギアボックスはリアに配置するトランスアクスルレイアウトで、エンジン前方に4×4トランスミッションを持つ4WDだ。そして前後の重量バランスは49:51を実現している。

6.5リッターの自然吸気V12エンジンは最高出力725cv、最大トルク716Nmを発生し、0→100km/hは3.3秒、0→200km/hは10。6秒で駈けぬけるというから、フェラーリの中でもその“スーパーぶり”には折り紙がつくほどだ。

画像: 「フェラーリ プロサングエ」。ボリューム感のあるリアビューは只者ではないことを感じさせる。

「フェラーリ プロサングエ」。ボリューム感のあるリアビューは只者ではないことを感じさせる。

シャシーは完全な新設計で従来の4シーターフェラーリよりも大きいにも関わらず軽くなっており、しかもねじり剛性は30%、ビーム剛性は25%向上しているので、走行時の快適性が高まっているはずだ。

さらにアクティブサスペンションと新世代のフロントサスペンションを採用、最新の電子制御スタビリティコントロールと相まって、スーパーな走りを実現しているという。また、多くの機能を持つADAS(先進運転支援システム)を標準装備していることも特長のひとつだ。

フェラーリの新境地を切り拓くスタイリングは塊感のあるもので、空力性能にこだわり、さらに乗車した4名が快適に過ごせるスペースを確保すべくデザインされたものだ。背の低いフェラーリよりも迫力では大いに勝ると言っていいだろう。

さて、このフェラーリの最新モデル、プロサングエの車両価格は欧州で39万ユーロ(約5600万円)、デリバリーは2023年第2四半期となる。すでに予約注文は受け付けられている。

●フェラーリ プロサングエ 主要諸元
全長×全幅×全高:4973×2028×1589mm ホイールベース:3018mm トレッド前/後:1737/1720mm 乾燥重量:2033kg タイヤサイズ前/後:255/35 R22 J9.0/315/30 R23 J11.0 トランスミッション:8速F! DCT エンジン:V12DOHC 総排気量:6496cc ボア×ストローク:94×78mm 最高出力:725cv/7750rpm 最大トルク:716Nm/6250rpm 圧縮比:13.6

This article is a sponsored article by
''.