BMWジャパンは世界限定1000台の「BMW M4 CSL」の注文受付をBMWオンラインストア限定で開始、9月26日午後11時59分まで行うと発表した。なお、日本への割り当ては25台で注文数がこれを上回った場合は、抽選で10月初旬までに当選者を決定するとのことだ。

軽量化とパワーアップで戦闘力向上

BMW M4 SCLはサーキットを走るために生まれた究極の高性能モデルだ。BMW M社が手がけるモデルにはサーキットで培った技術をオンロード走行でも活かそうというMパフォーマンスモデルと、完全にサーキットでの実走行を想定したMハイバフォーマンスモデルの2種類があるが、M4 SCLは後者に属する。

そもそもM4自体が高性能モデルだが、さらにCSLというネーミングが加えられている。これはCompetition、Sport、Lightweightの頭文字をとったもので、実際にベース社であるM4 Competition(RWD)に比べて約100kgの軽量化、40psの出力向上が計られている。そして、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分20秒207で、これはBMWの量産車として最速だ。

チューンナップの具体的な内容だが、まずエンジンについてはブーストを1.7barから2.1barへアップし510psから550psにパワーアップ。100kg軽量化の効果と合わせて、0→100km/h加速は0.2秒短縮して3.7秒を実現した。

シャシではM4 Competitionをベースに路面追従性、キャンバー強度、ダンパーのレスポンスを向上させるためにボールジョイント箇所を4箇所増設して、14箇所としている。さらに専用のサスペンション、スタビライザー、Mカーボンセラミックブレーキを標準装着している。

画像: BMW M4 CSL。ベース車から100kg軽量した上で40psパワーアップしている。

BMW M4 CSL。ベース車から100kg軽量した上で40psパワーアップしている。

エクステリアではルーフ、ボンネット、トランクリッドはもちろん、キドニーグリル、エアインレット、ドアミラーキャプ、ディフューザーに至るまでCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用している。

また、イエローのデイライトを備えたレーザーライト、レーザー技術が活かされたリアコンビネーションランプが特長的で、さらにトランクリッドなどに装着されたブラックベースのモデルバッチで精悍なイメージを強調する。

インテリアではまず極限まで軽量化を施したMカーボン・フルバケットシートが目を引く、これはレースでの使用を考慮して6点式シートベルトに対応している。そして軽量化のためにリアシートは外されており、そこはヘルメットなどの収納スペースになっている。

さらにMアルカンターラステアリングホイール、Mカーボンファイバートリム、専用CFRP製センターコンソールなどが採用されており、レーシングマシンそのものという仕様になっている。

M4 CSLの車両価格は2196万円でM4 Competition Coupe(1376万円)の820万円高となっている。10月初旬の購入者決定の後、納車開始は2022年第4四半期以降が予定されている。

●BMW M4 CSL 主要諸元 全長×全幅×全高=4805×1920×1385mm ホイールベース=2855mm、車両重量=1630kg、エンジン=直6DOHCツインターボ 排気量:2992cc、最高出力:550ps/6250rpm、最大トルク=650Nm/2750ー5950rpm

This article is a sponsored article by
''.