多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員氏が最新クラブを徹底的に計測・分析する「ヘッドデータは嘘つかない」。今回はヨネックスの『イーゾーン GT 425』ドライバーを取り上げる。

つかまりすぎないイメージが出ている

ヘッド後方の外周に「サイドウォール」と呼ばれる肉厚加重帯を配置することで、効率よく慣性モーメントを高めたヨネックス『イーゾーン GT ドライバー』の小ぶりヘッド『425』を紹介する。インパクトで当たり負けしない「ぶ厚いインパクト」が可能だという。

クラブとヘッドを計測していこう。数値はすべて実測した値になる。クラブ重量は296.2gと標準的だが、クラブ長さが45.25インチと長過ぎず、スウィングウェイトもD1.1と標準的なので、クラブの振りやすさの目安となるクラブ全体の慣性モーメントが285万g・㎠に抑えられている。この数値だと、ドライバーのヘッドスピードが42㎧くらいのゴルファーにとってタイミング良く振れる設計といえるだろう。

ヘッドを見ていこう。426㏄と小ぶりな大きさで、かつフェースの高さも低いシャローフェースモデル。輪郭的には時計盤でいうと1~2時方向の張り出し感があり、球をつかまえ過ぎない逃し系のイメージが出ている。1度オープンなフェース角とも相まって、フェースにはかぶったイメージがまったくない。

画像: つかまりすぎないイメージが出ている

Point1 ヘッド体積は426ccと小さい
Point2 ネック軸周り慣性モーメントは7485g・㎠とやや大きい
Point3 低重心率は67.7%で高重心設計

小ぶりだがMOIは大きい

実際に試打したところ、オープンフェースと57.5度のフラットなライ角度でスクエア感が強く、球をつかまえ過ぎないイメージが出ている。試打クラブは10.5度でメーカー純正『RK-03GT』(フレックスS)仕様。シャフトは軟らかめの設計ながらもインパクトの再現性が高く、このシャフトなら、ヘッドスピード40㎧くらいのゴルファーがいちばんマッチするのではないか。

アドレスしただけでわかるほど、ヘッド体積が小さく、小ぶりなヘッドだが、重心深度は450~460㏄ヘッドと比べても非常に深いので、ヘッドサイズの割には左右方向のヘッド慣性モーメントは4780g・㎠と大きく、ミスに強いモデルといえる。フェース面のスイートスポット位置がフェース中央よりもトウ寄りなのが特徴で、フェース中央で球をヒットしてもドロー回転は入りにくく、総じてフェード系の弾道が打ちやすいヘッドになっている。また、ヘッドの重心深度が43.8ミリと非常に深いので、インパクト時にヘッド後方が垂れる、いわゆる“アッパーの動き”になりやすく、球の打ち出し角度も高くなり、やさしさを感じる。

フェース高さが50.7ミリとシャローフェースなので、低めのティーアップのほうがフェースの芯を捉えやすく、厚いインパクトになりやすい。また、クラブ長さが長過ぎないので、高いミート率で、適度なスピンも入り、フェード系弾道で安定しそうだ。スコアメイクに役に立つドライバーといえるだろう。

画像: オープンフェースと、57.5度というフラットなライ角で、アドレスしたときに球がつかまりすぎるイメージはまったくなく、しっかり振れるイメージがある

オープンフェースと、57.5度というフラットなライ角で、アドレスしたときに球がつかまりすぎるイメージはまったくなく、しっかり振れるイメージがある

画像: 小ぶりだがMOIは大きい

小ぶりヘッドだが、「サイドウォール」の影響からか重心深度が非常に深くなっており、見た目よりもミスに強いヘッドだ。重心距離は39.5ミリと標準的だが、スイートスポット(SS)はフェース中央よりトウ寄りにあるので、ギア効果でフェード系弾道が打ちやすい

【クラブ&ヘッドデータ実測値】
 ヨネックス イーゾーン GT 425ドライバー

 

画像: 【クラブ&ヘッドデータ実測値】 ヨネックス イーゾーン GT 425ドライバー

<松尾好員>
まつおよしかず。往年の名手、S・バレステロス、I・ウーズナム、青木功、加瀬秀樹らのクラブ設計を担当。近年のクラブを知る“現代の知匠”。ジャイロスポーツ主宰

今回紹介した情報は、
先日 週刊ゴルフダイジェストにて紹介された特集記事の一部から抜粋した。

週刊ゴルフダイジェスト・月刊ゴルフダイジェストの記事が読み放題の
サブスクサイト「Myゴルフダイジェスト」では
今回紹介したメーカー以外も紹介しているので、
そちらも是非のぞいてみては。

This article is a sponsored article by
''.