プロより強いアマといわれ、生涯アマチュアイズムを貫いた日本ゴルフ界の至宝「中部銀次郎」。
最終回の今回はまさに「こころに残る、名手の名言」。

中部は寡黙の人であった。プライベートで仲間達とまわっていても、自分からレッスンなどしなかった。訊かれてはじめて、短いながら適切なアドバイスをおくるという按配であった。だから、公式の場などで自分のことや、名言といわれるような言辞を呈したことはないはずだ。
 しかし、酒が入ると(若い頃は飲まなかったが)、談論風発、ゴルフ談義はとどまることはなかった。だから今に残っている言辞は、とくに後半生では、酒席でのものと思って間違いない。

画像: こころに残る、名手の言葉
第4回「ショートホールで、カップは狙わない」
中部銀次郎

だがこの冒頭の言葉は例外で、世界アマ監督として、ナショナルチームで合宿していたときに発したものだという。中部は日本アマ6勝という戦績を残しながら、ホールインワンは一度として、ない。なぜか? 答えは、ピンを狙わないからである。なに?!ピンを狙わないって? 誰もがそんな疑問を発するに違いない。

それはこういうことだ。中部は次のことを必ず考えてショットをする。だから、パー3では、パットのしやすい、簡単なライン・傾斜のサイドに打つのである。上りのまっすぐなラインが残るサイドがピンのそっぽでも構わず、そこへ打つ。ピンに近いかどうかを競うのではなく、次のパットをいかにカップイインさせるかが、肝心でことを熟知しているからである。ましてその頃のグリーンは受けていることが多かったので、ピンをオーバーなど決してしない。
 ならばホールインワンの機会は減るわけである。含蓄ある言葉であろう。

画像: 中部銀次郎(1942~2001)山口県下関市に大洋漁業を営む一族の御曹司として生まれる。虚弱な体質のため幼少より父の手ほどきでゴルフを始める。長ずるにしたがって腕をあげ天才の出現と騒がれた。甲南大卒。60年、18歳で日本アマに出場。62年、20歳で日本アマ初優勝。以後64、66、67、74、78年と17年にわたり通算6勝の金字塔をうちたてた。67年には西日本オープンでプロを退けて優勝。プロより強いアマといわれた。しかし、プロ入りはせず、生涯アマチュアイズムを貫いた。01年、永眠。

中部銀次郎(1942~2001)山口県下関市に大洋漁業を営む一族の御曹司として生まれる。虚弱な体質のため幼少より父の手ほどきでゴルフを始める。長ずるにしたがって腕をあげ天才の出現と騒がれた。甲南大卒。60年、18歳で日本アマに出場。62年、20歳で日本アマ初優勝。以後64、66、67、74、78年と17年にわたり通算6勝の金字塔をうちたてた。67年には西日本オープンでプロを退けて優勝。プロより強いアマといわれた。しかし、プロ入りはせず、生涯アマチュアイズムを貫いた。01年、永眠。

                       古川正則(ゴルフダイジェスト社特別編集委員)

This article is a sponsored article by
''.