今年も数々のドラマを生んだ「マスターズトーナメント」。選手引退後、そのマスターズを創設し
夢の舞台「オーガスタナショナルゴルフクラブ」の設計にも携わった球聖ボビー・ジョーンズの言葉を紹介する。

1930年、ジョーンズは全英アマに勝ち、全英・全米オープンも制し、グランドスラマーになるための残りは全米アマだけになった時、記者から「引退したら何をするんだね?」と訊かれた時の応答が表題の「言葉」ただし正確にいうと、これはジョーンズがいったのではない。その時のシュチエーションはこうなる。

画像: こころに残る、名手の言葉
第2回「・・・そして私が少年だった頃に 少年だった男たちと酒を酌み交わしたい」
ボビー・ジョーンズ

記者が訊いた時、ジョーンズはコーンウイスキーを親友で伝記作家でもあるO・B・キーラーと一緒に飲んでいた。ジョーンズは記者の質問に、自分の代わりにキーラーに答えるよう促した。するとキーラーは英国の詩人、イレール・ベロックの詩を吟じたのである。全文を付記しよう。

もし私が豊かになったら、

あるいは歳をとったら、

寒さから私をかくまってくれる

草ぶき屋根を建てよう。

海辺へ歩いていける

深い森に家を持とう。

そして私が少年だったころに

やはり少年だった男たちと

ともに酒を酌み交わしたい。

その詩の最後のフレーズが表題のそれだ。
1930年、ジョーンズは引退すると故郷で実際そうして過ごした。その延長線上にオーガスタ・ナショナルGCの造成がある。

画像: ボビー・ジョーンズ(ロバート・タイヤー・ジョーンズ・ジュニア 1902~1971) 世界中のゴルフ愛好者からいまなお「球聖」として尊敬される。1930年、アマチュアのまま全米オープン、全米プロ、全英オープン、全英アマの年間グランドスラムを達成すると、28歳の若さで引退。1934年、オーガスタ・ナショナルGCを設立。マスターズを開催。学業でも天賦の才を発揮。ハーバード大学で文学、エモリー大学で法律、アトランタ工科大学では機械工学の学位を取得した。不世出のゴルファー。

ボビー・ジョーンズ(ロバート・タイヤー・ジョーンズ・ジュニア 1902~1971)
世界中のゴルフ愛好者からいまなお「球聖」として尊敬される。1930年、アマチュアのまま全米オープン、全米プロ、全英オープン、全英アマの年間グランドスラムを達成すると、28歳の若さで引退。1934年、オーガスタ・ナショナルGCを設立。マスターズを開催。学業でも天賦の才を発揮。ハーバード大学で文学、エモリー大学で法律、アトランタ工科大学では機械工学の学位を取得した。不世出のゴルファー。

                       古川正則(ゴルフダイジェスト社特別編集委員)

This article is a sponsored article by
''.