中古クラブの中から「これは!」というモデルを紹介する、中古クラブに詳しい通称“中古名器ハンター”。今回は「マスターズ」でも見かけたフェアウェイウッド。

15番ホールなど、距離が長くてもスピンで止まる高い球が必要なオーガスタで、タイガーを支えた「M3」の5番ウッド(写真は2022年マスターズ 撮影/Blue Sky Photos)

ゴルファーの胸を熱くするマスターズが終わりましたね。優勝はスコッティ・シェフラー。中古名器ハンターとしては、彼が使い続けていた「ナイキVRプロ」のフェアウェイウッドも狙っていましたが、今回は見逃すことにしましょう(笑)。

もうひとつのマスターズの話題といえば、あの人、タイガー・ウッズの復活です。こんなに早く復帰してくれるとは、ファンならずとも嬉しいことですね。

そして今回取り上げるのは、そのタイガーが長く使い続けるクラブ、「テーラーメイド M3フェアウェイウッド」です。

画像: これから人気になりそうな「M3」のフェアウェイウッド、タイガーが使うのは5番だ

これから人気になりそうな「M3」のフェアウェイウッド、タイガーが使うのは5番だ

今回のマスターズで「ステルス プラス」を使ったように、ドライバーは新しいモデルに必ずチェンジするタイガーですが、この「M3」の5番ウッドは2018年から使い続けています。

This article is a sponsored article by
''.