さてコンチネンタルGTの話に戻ろう。このモデルは、04年の発売以来グローバルで8万55000台が生産されているが、これはベントレーの2ドアモデルの象徴的な存在であり、英国のクラフトマンシップの最高峰であり、他には類を見ない高性能と高級感を持つことが認められたことに他ならない。実際にドアを開けた瞬間から視界に入ってくるものすべてが宝石のようにキラキラと輝いている。贅が尽くされた空間とはこういうことを言うのだろう。

走り出すとそこは、ベントレーの世界観そのものだ。大成功モデルなのもよくわかる。今回は都内でのテストドライブということもあり、550ps、770Nmのパワーを余すところなく使い切ることはできないが、コンチネンタルGT V8はワインディング路に持ち込んでも、GTを名乗るに相応しい「FUN」な走りを味わわせてくれることは、これまでの経験からよく知っている。そう、このクルマは、どのような場面でも高い歓びを与えてくれるのである。(文:Motor Magazine編集部 千葉知充/写真:井上雅行)

画像: スイッチひとつでセンターディスプレイが回転し3連メーターに変えられるローティングディスプレイ(オプション)を装備。

スイッチひとつでセンターディスプレイが回転し3連メーターに変えられるローティングディスプレイ(オプション)を装備。

ベントレー コンチネンタルGT V8主要諸元

●全長×全幅×全高:4880×1965×1405mm
●ホイールベース:2850mm
●車両重量:2200kg
●エンジン:V8DOHCツインターボ
●総排気量:3996cc
●最高出力:404kW(550ps)/5750-6000rpm
●最大トルク:770Nm/2000-4500rpm
●トランスミッション:8速ADCT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・90L
●WLTPモード燃費:8.8km/L
●タイヤサイズ:前265/45R20、後295/40R20
●車両価格(税込):2730万円

This article is a sponsored article by
''.