名手と言われるプレーヤーたちは、日々の鍛錬によって卓越した技術を身に着けている。と同時に、プレーに対しての心構えや考え方なども多くの名言を残している。われわれアマチュアゴルファーにも参考になる「名手の言葉」をご紹介。

ちょっとした見栄が、ゲームをだいなしにする

説明は全く不要なほどの「言葉」であろう。しかし、あのパーマーがこの言葉を残しているところに意義がある。パーマーはいうまでもなく、現代の米国プロゴルフを今日の隆盛に導いた第一人者である。偉大なプレーヤーは何人もいるが、人気という点ではまちがいなく史上第一位だった。
 ストロークプレーにおいてのゴルフはいかにミスを少なくするか、といういわば保守的な要素を色濃くもつスポーツである。ところがパーマーは「攻撃=チャージ」という概念をもちこみ、ゴルフをエキサイティングにして、“アーニーズ・アーミー”という熱狂的なファンを生み、米国のヒーローになった。どんな難しい位置からもピンを狙い、それが成功すると拍手喝采、我らがアーニーはやってくれたぞ!ってなものだ

画像: ちょっとした見栄が、ゲームをだいなしにする

記録より記憶に残るプレーヤー

しかし、ゴルフの本質の半分は先ほどもふれたが、“守る”こと。その後に現れたジャック・二クラスが攻守を兼ね備えた典型で帝王と呼ばれた。ともかく、ゴルフはミスを少なくゲームだから、安全優先がスコアメイクには欠かせない一大要素であることは紛れもない事実。その点でいえば、見栄は最大の敵なのである。アベレージゴルファーにおいてもこれは同じ。腕前も省みずパー3ホールなどでも同伴競技者より長いクラブは持ちたがらないし、レイオフせずにクリークの餌食となったりするのは日常茶飯事。きっとあなたにも経験があることだろうし、パーマーもまた、守るべきところを、ギャラリーの熱い願望にも似た声援に押されて、チャージし、敗れたことは何度もあった。そのためか、グランドスラマーには至っていない。
 しかし、記録より、記憶には誰より残っているプレーヤー。ゴルフの本質と、プロスポーツの人気という狭間に立つパーマーから出た「言葉」だからこそ、味わい深いのである。            

画像: アーノルド・パーマー(1929~2016) 米国生まれ。ウェイクフォレスト大学在学中に全米アマ優勝。PGAツアーに参加。60勝をあげている。シニアで獲得したタイトルは10勝。ツアーでの勝利のなかには全米オープン、マスターズ、全英オープンのメジャータイトルも含まれているが、全米プロは2位は3回あるが、優勝はなく、グランドスラマーにはなっていない。しかし、プロ入りから一貫して、チャージ・スタイルは変わらず、圧倒的人気を呼び、アーニー・アーミーズなる親衛隊を生み、国民的ヒーローとなった。ゴルフを米国のメジャースポーツの地位へと引き上げる牽引力となったのである。

アーノルド・パーマー(1929~2016)
米国生まれ。ウェイクフォレスト大学在学中に全米アマ優勝。PGAツアーに参加。60勝をあげている。シニアで獲得したタイトルは10勝。ツアーでの勝利のなかには全米オープン、マスターズ、全英オープンのメジャータイトルも含まれているが、全米プロは2位は3回あるが、優勝はなく、グランドスラマーにはなっていない。しかし、プロ入りから一貫して、チャージ・スタイルは変わらず、圧倒的人気を呼び、アーニー・アーミーズなる親衛隊を生み、国民的ヒーローとなった。ゴルフを米国のメジャースポーツの地位へと引き上げる牽引力となったのである。

                       古川正則(ゴルフダイジェスト社特別編集委員)

This article is a sponsored article by
''.