いよいよマスターズが開幕!!  オーガスタ入りした週刊ゴルフダイジェストのツアー担当・ケンジロウ。バンキシャらしく松山英樹について、日本人選手の練習ラウンドへ。松山の首の具合は? 金谷拓実、中島啓太の調子はどうだった?

こんにちはケンジロウです。
ジョージア州のオーガスタよりお届けしております。
マスターズの練習日が始まりました。
午前中の早い時間に金谷、中島が一緒にスタートしてアウトの9ホールを練習ラウンド。
2人が上がってくると、松山英樹が合流して3人でインコースを回りました。

「2人のかわいい後輩を引き連れた松山先輩」

今日の練習ラウンドはそんな構図でしたね。
遠慮してなのか、後輩の2人から松山に話を聞くシーンはほとんどなく、むしろ松山のほうからさりげなく2人にアドバイスをしていた様子でした。
中島啓太は「いきなりコースコンディションが変わるから気をつけて」と松山からアドバイスをもらったそうです。どちらかというと、谷原秀人や宮里優作など、東北福祉大の先輩にかわいがられているシーンが多かった松山ですが、ようやく頼もしい後輩たちが育ってきたなという感じですね。3人で仲良く話しながら歩いている姿を見ていると微笑ましく思ってしまいます。

さて、3人の状態をレポートします。

まずは松山英樹。
ケガの具合が心配されましたが、今日はだいぶ“普通に振れて”いましたね。
ドライバーもしっかり飛んでいたし、首が痛そうなそぶりもありませんでした。昨日の日曜日の練習は6~7割程度のスウィングでしたからね、とりあえずひと安心というところですかね。
先週のバレロテキサスオープンでは、練習日に練習をし過ぎてケガがぶり返してしまったので、
今回は試合まではゆっくりと調整してほしいですね。

画像: ケガの具合が心配される松山だが、順調な回復を見せている

ケガの具合が心配される松山だが、順調な回復を見せている

This article is a sponsored article by
''.