ドライバーは大きく分けて、つかまりがいい「ドローバイアス」タイプ、低スピン&強弾道の「ロースピン」タイプ、その中間に位置する「スタンダード」タイプの3種類があり、各社から、それぞれのタイプに応じたモデルが用意されているケースが多い。ここでは基準となるスタンダードタイプをピックアップ。最新16モデルを徹底試打した。

PHOTO/Hiroaki Arihara、Tomoya Nomura、Getty Images THANKS/トラックマンジャパン、GC成田ハイツリー

試打・解説/鈴木悠介
2016年プロテスト合格。試合に出場しながらインドアスタジオ「千葉銀座CC」でレッスンも行う。千葉学芸高校出身

「同じ『スタンダード』タイプでも、球がつかまりやすいものもあれば、直進性が高い、ボールが上がるなど、モデルによって特性が異なるので一概には言えませんが、“構えやすい”“振りやすい”と感じるモデルが多いのがこのカテゴリー。よほど球がつかまらない、またはスピンが入りすぎるという人以外は『スタンダード』から試したほうがいいでしょう」(鈴木)

クラブによって長さやバランス、シャフトの特性が異なるため、鈴木プロが同じように振ってもヘッドスピードは増減する。そこで飛距離だけでなく、「ヘッドスピードの何倍飛ばせたか」も算出。結果を見ると、最新モデルはすべてヘッドスピードの5.7倍以上、なかには6倍を超える飛距離が出たモデルも。6倍というと、ヘッドスピード40m/sでも、240ヤード飛ばせる計算になる。さっそく試打結果を見ていこう

最新「スタンダード」タイプ16モデルをチェック!

画像: 最新「スタンダード」タイプ16モデルをチェック!

計測方法
鈴木プロのヘッドスピードは49m/s前後。ボールはタイトリスト「プロV1」を使用し、弾道計測器「トラックマン4」で計測。明らかなミスショットを除く5球打った平均値を掲載

「スタンダード」の中にも個性がある

一概に「スタンダード」タイプといっても、すべてがクセがなく真っすぐ飛ぶモデルというわけではないという。

「たとえばタイトリスト『TSi』シリーズでは、今回スタンダードタイプに分類した『2』と『3』でも、『3』のほうがよりスピンが少なく強い球で、ロースピンタイプの『4』寄り。『2』のほうは、ドローバイアスタイプの『1』ほどではないものの、ほどよいつかまりで高弾道。スタンダードタイプでも2モデルラインナップすることで、より自分に合ったタイプが選べるんです。自分の持ち球を助けてくれるクラブなら、左右の曲がりや無駄なスピンを減らして飛距離が伸ばせるでしょう」(鈴木)

タイトリスト「TSi3」
【HSの約6.0倍】

画像: <試打スペック>◎シャフト/TSP322 55 ◎素材/ボディ:チタン、フェース:ATI425チタン ◎ヘッド体積/460cc ◎ロフト角/10度 ◎ライ角/58.5度 ◎長さ/45.5インチ ◎重量/約313g ◎価格/8万2500円 ※重量は編集部調べ。シャフトは表記がない限りSフレックス

<試打スペック>◎シャフト/TSP322 55 ◎素材/ボディ:チタン、フェース:ATI425チタン ◎ヘッド体積/460cc ◎ロフト角/10度 ◎ライ角/58.5度 ◎長さ/45.5インチ ◎重量/約313g ◎価格/8万2500円
※重量は編集部調べ。シャフトは表記がない限りSフレックス

シャフトとの相性が良くHSも自然と上がる
同じスタンダードタイプの『TSi2』より重心深度が浅く、ヘッドの操作性が良く、ストレート系の弾道が打ちやすい。「とにかく打感がソフト。それなのに初速が速くて強い球。叩いても左に行きにくく、安心して振り切れます」(鈴木)

HS総距離キャリー初速打ち出し角スピン量高さ
49.3m/s295.9Y271.4Y71.3m/s13.0度2234rpm33.1Y

This article is a sponsored article by
''.