昨年のアジアパシフィックアマチュア選手権で優勝し、初めてマスターズに出場する中島啓太。幼少時から見て楽しんできた試合が、“世界一のアマ”として自ら戦う試合となる。そんな初舞台へ向けた中島の取り組みについて、本人にロングインタビュー! 後編となる本記事では、メンタル面での準備について聞いた。

中島 啓太 2000年6月24日、埼玉生まれ。
15年、15歳(中学3年生)で日本アマに出場し金谷拓実に敗れ2位。
代々木高校入学後数々の国際大会で活躍、日本体育大学進学後、20年世界アマチュアランク1位に。
21年7月に日本アマで念願の初優勝、9月にパナソニックオープンでアマ優勝、11月にアジアパシフィックアマで優勝しマスターズの出場権を得る。
「世界の方から応援されるような選手になりたいです」

オーガスタでも自分と向き合う 「自分もボールもコントロールしたい」

メンタル面の準備は、ソニーオープンで優勝した松山英樹から得た。

「ソニーオープンの最終日のバックナインの松山さんにつかせてもらって、あきらめない強い思いとか、覚悟が決まっている感じがしました。僕も自分から逃げないような強いメンタルを持たないといけないと思っています。じつは僕はソニーオープンの3日目で相当悔しい思いを経験しています。ピンポジが難しかったので、最初から“耐えるだけ”というプランでいきましたが、周りのスコアがすごく伸びていくことに焦りと怖さを感じて。ピンを攻めないといけないのに、逃げてしまったんです」

自身初のマスターズへ挑む中島啓太

また、金谷拓実からもメンタル面の言葉を多く得ている。自身のインスタグラムの投稿に添える「Just keep going」の言葉も、金谷からもらった言葉だ。

「金谷さんに相談することも多いんですけど、毎回返ってくる言葉が、『プレッシャーがかかっていようがかかっていまいが、何があってもやるしかないから。やり続けるだけだよ』と。それを意識して書いているだけです。ソニーオープンの会場で会ったときも、『プレッシャーがかかって怖いときはどうするんですか?』とボソッと聞いたら、『どんな状況に追い込まれてもやるしかないから、俺らはやるだけだよ』と」

画像: 「松山さん、金谷さんに続けて嬉しいです」。同じ試合に出場するときはなるべく練習ラウンドを一緒に行うなど、いろいろなことを吸収していこうとする。

「松山さん、金谷さんに続けて嬉しいです」。同じ試合に出場するときはなるべく練習ラウンドを一緒に行うなど、いろいろなことを吸収していこうとする。

偉大な先輩たちに続けたことを光栄に思う中島は、先輩たちを見て、聞いたことを吸収し、糧にして大きくなっていく。

「縦のつながりはすごく大事だと思っていて、アマチュアでツアー優勝して、アジアアマで優勝するという流れに自分も乗っていくのが一番の目標でもありましたし、それをどんどん下の代につなげていかないといけない。自分も今のナショナルチームや大学の後輩たちに何か残せるようにしたいし、その自覚を持ちたい。言葉で説明するより、僕が一緒に世界に遠征して金谷さんから学んできたように、下の選手にもつなげていきたいです」

This article is a sponsored article by
''.