世界中のゴルフファンを魅了し続けるマスターズ。毎年オーガスタナショナルを舞台に、招待状を手にした精鋭たちがグリーンジャケットを目指して熱き戦いを繰り広げる。2021年は松山英樹が日本人初となる優勝を飾り、今年はこれまでに3人しか成し得ていない連覇が期待される。さぁ、その戦いを一緒に楽しもう!

メジャーといっても「全米」「全英」とは何かが違う!
「マスターズ」ってどんな試合?

世界中のトッププロが“グリーンジャケットに袖を通すこと”だけを目指して、目の色を変えて戦う。そこには何ものにも代えられない価値があるから。何がそこまで精鋭たちを虜とりこにするのか?

 設計者の一人であるボビー・ジョーンズのゴルフ観がふんだんに詰め込まれた、オーガスタナショナルゴルフクラブ。そのコースそのものにこそ、マスターズの魅力があると中嶋常幸は語る。

「ラフという表現を使わないセカンドカット、バンカーの少なさ、本来はのびのびと打てるはずのコースなんです。ところがいざ大会となると、ピンの位置とグリーンの硬さで、こんなに難しいコースがこの世にあるのか、そう思えるほどに変わります。ハンディキャップ18のアマチュアも楽しめる、しかしトッププロも攻略が困難。それがオーガスタの面白さです」

画像: 写真/2021年 マスターズ 撮影/宮本卓

写真/2021年 マスターズ 撮影/宮本卓

今の自分の実力が鏡に映し出される
「その怖さに打ち勝った者だけがグリーンジャケットの袖を通せる」

絞られすぎていないフェアウェイは、一見やさしそうに映る。だがそこに立った者なら、いかにピンを狙うことが困難か思い知らされるという。
「とにかくアンジュレーションが複雑です。平らなところからセカンドショットを打てるのは1番の右バンカーを越えたところくらい。あとはほとんどが傾斜から打たされます。例えば13番パー5のセカンド地点は、かなりのつま先上がり。つま先上がりだと球が左へ行きやすいから、グリーン右側に流れている小川の上へ打ち出さなければならない。しかも風がグリーン奥から回っている。これ、本当に戻ってくるの? という不安の中で打たされるんです。勇気も必要ですよ」

 ボビー・ジョーンズが残した言葉、「オールドマン・パー」。ボギーもバーディも出さず、つねにパーでおさめる「パー爺さん」が相手。人との戦いではなく、コースとの戦いこそがゴルフであると説いたその精神を、有しているか、否か。今もオーガスタは問いかけてくるのだという。

「オーガスタはプロならボギーで上がるのは簡単です。でもバーディを奪おうとすると大変すぎる(笑)。3番パー4は距離がないので、ピンが左に切られていなければセカンドショットでグリーンセンターを狙ってパー、ボギーなら楽々といった感じ。しかし左にピンが切られた場合でパーセーブが難しい状況でも、トッププロはバーディを狙いにいきます。そしてグリーンを外してボギーさえ難しくしてしまう。オールドマン・パーの精神が試されるんです」

 同時に、オーガスタは挑んでくるトッププロの現在の力量を、白日の下に晒してしまう残酷性をも秘めているという。

「例えばアプローチは、止める、転がす、戻すなど、あらゆる技量が求められます。それぞれを10回に2回打てるというレベルでは、また来なさい、とばかりに寄せられない。10回に8回打てるようになってようやく寄せられる。だからオーガスタは自分を映す鏡のような存在だと思うんです。化粧ではごまかせない素顔が映される怖さがありますよ」

This article is a sponsored article by
''.