米国ゴルフマガジン誌が選出する2021年~2022年「世界ゴルフ100選」で62位に選出された川奈ホテルゴルフコース・富士コース。プロトーナメントも多く開催されていて海沿いの15番ロングホールや16番ショートホールは景観も美しくとても印象的だが・・・。

日本にもカントリーエステートを造りたい

大倉男爵がスコットランドのグレンイーグルスホテルに滞在し、いたく感激したことから「日本にもカントリーエステートを造ろう」と考えたのが川奈ホテル建設の動機とされている。最初は牧場を造り、男爵自体のんびりと過ごす計画だったが、伊豆は火山地帯でもあり、土を少しでも掘ると火山岩だらけで、牧場を造った場合、馬のひずめに傷がつくことから断念。ゴルフ場なら問題ないとなり計画を変更。最初にできたのは大島コースで昭和3年、コース設計は男爵旧知の友人、大谷光明だった。

その後、昭和11年に富士コースは完成したが、アリソンが来場する前に6ホールほど完成をしていた。設計は大谷光明。富士コースは赤星六郎設計によるとされているが、大島を造るときに男爵は「幼稚園コース(初心者用、大島)と本格的コース(富士)」という注文を大谷光明にしている。

This article is a sponsored article by
''.