いま世界のスポーツコーチング界の間で最も注目されている「バイオメカニクス(生体力学)」。これをゴルフのスウィングに応用した先駆者であり、第一人者がテキサス女子大学のクォン教授だ。彼の提唱する「反力打法」の本質に、スウィング研究家の吉田洋一郎プロが迫っていく。
良いダウンスウィングのためには良いバックスウィングがとても大事になるとクォン教授は言う。今回はバックスウィングの重要性について考えてみよう。

【語り手/クォン教授】
ヤン・フー・クォン。テキサス女子大学教授。専門はバイオメカニクス。生体力学的に理に適ったスウィングを研究。教え子にタイガーの元コーチ、クリス・コモらがいる
【聞き手/吉田洋一郎プロ】
よしだ・ひろいちろう。D・レッドベターをはじめ、世界の名だたるコーチのもとを訪れ、最新理論を直接吸収。日々探究・研鑽に余念がないゴルフスウィング研究家

【バイオメカニクス】
バイオメカニクス(生体力学)とは、生物(Bio)の力学(mechanics)について研究する学問。現在、医療やスポーツの分野への応用が進んでいる。ゴルフのスウィングに関しても、アメリカを中心に早くからバイオメカニクスに基づいた分析が行われ、今では名だたるコーチの大半がクォン教授の理論を学んでいるという

バックスウィングは欠かせない「カウンター動作」

バックスウィングの重要性

吉田 トップの形がしっかり決まりさえすれば、バックスウィングはどう上げようが関係ない、と言う人もいますが?

クォン とんでもない! バックスウィングは「カウンター動作」として欠かせない動きなんだ。

吉田 カウンター動作とは?

クォン そうだな。ではヒロ、できるだけ高くジャンプしてみてくれ。

吉田 ジャンプですか。では……。

クォン はい、ストップ!

吉田 ちょ……まだ跳んでないですよ。

クォン いま、ひざを曲げているね。なぜ上に跳ぼうとするのに、下に沈む動きをするんだね?

吉田 うーん、このほうが高く跳べる気がします。

クォン このように、ある動作の直前に、その動きと逆向きの動きを入れることを、「カウンター動作」という。カウンター動作を使わないとどうなるか。今度は最初からひざを曲げた状態で跳んでみてくれ。

吉田 ……うまく跳べません。

クォン カウンター動作はいろんなスポーツでも用いられていて、たとえば野球の投手がボールを投げるとき、いったん投げる方向と逆向きに腕を動かしていくね。この動作を使わずに、腕をいきなり前に突き出したら、速い球は投げられないだろう。

画像: 投げるときも打つ時もカウンター動作 ILLUST/Kazuhisa Uragami

投げるときも打つ時もカウンター動作

ILLUST/Kazuhisa Uragami

吉田 バッターも、バットを振る前に、少し後ろに引く動きをしますね。

クォン それもカウンター動作。そしてゴルフでいうと、バックスウィングがそれにあたる。

吉田 ダウンスウィングは、バックスウィングの反動を利用するということですか。

クォン そのとおり。カウンター動作をすることで、「動きの幅」を大きくすることができる。野球でもそうだが、末端部分のスピードを高めるためには、このカウンター動作がとても重要な役割を果たすんだ。

吉田 ゴルフも末端のヘッドを速く動かしたいわけだから、カウンター動作が大事になるわけですね。

クォン よくトップで「間」を作れ、などと言うが、その必要はまったくないんだ。

吉田 え? どういうことですか?

画像: バックスウィングの重要性

クォン 間を作るというのは、「止める」ということ。そうすると、最初からひざを曲げた状態でジャンプするのと同じで、スピードを高めることができない。

吉田 せっかくのカウンター動作が生かせないわけですね。

クォン バックスウィングからダウンへのスムーズで連続的な移行こそが、ヘッドスピードのアップには不可欠なんだ。

ジャンプするときもカウンター動作を使っている

カウンター動作(反動)を使ったジャンプ(A)と、あらかじめひざを曲げた状態からのジャンプ(B)。Aは重心がいったん低くなることで、動きの幅(r)が大きくなり、より小さな地面反力(F)でより高く跳ぶことができる(h)。つまりカウンター動作を使わないBに比べて、より効率よく高いパフォーマンスを発揮できるということ

画像: (A)カウンター動作を入れる

(A)カウンター動作を入れる

画像: (B)ひざを曲げたところからスタート

(B)ひざを曲げたところからスタート

This article is a sponsored article by
''.