時代は「サスティナブルモビリティ」の地平を目指す。英国のラグジュアリーブランド「ベントレー」は、そんな時代だからこその新たな飛躍を期して「これからの100年」に向けた大胆な戦略を打ち立てた。大自然の中でプレイする時間を心から満喫するために、移動する時間は環境に配慮したい・・・そんなゴルファーたちの気持ちに寄り添う超高級車が「当たり前」になる時代がやってくる。

もっとゴルフを楽しむために今、できること

思えばゴルフというスポーツは、自然との距離感が思い切り近しい。

画像: ベントレーモーターズの本社は、英国イングランド北西部にあるチェシャ―州クルーに位置する。R&Dや設計、開発から製造まで一貫してここで行っており、約4000人の従業員が勤務している。

ベントレーモーターズの本社は、英国イングランド北西部にあるチェシャ―州クルーに位置する。R&Dや設計、開発から製造まで一貫してここで行っており、約4000人の従業員が勤務している。

というより、人間が大自然のど真ん中で「遊ばせてもらっている」と表現したほうが適切だろうか。年間を通じて四季の移ろいを感じながら誰でも気軽に満喫できるスポーツと言えば、まずはゴルフを思い浮かべる人が多いに違いない。

そんな思い切り自然に寄り添っているはずのスポーツだが、ゴルフコースまでの移動の足はほとんどの愛好家が自家用車を使っていることだろう。そして、「今日は天気が良くてサイコー」などと胸をときめかせながらの道すがら、往路復路で自分の愛車が果たしてどのくらいCO2を排出するのか、などということを考えている愛好家は、今のところほぼ皆無かもしれない。

けれど合わせて17個もの達成目標が掲げられたSDGs全盛の現代にあって、こよなくゴルフを愛していればこそ、そうした気配りは不可欠になりうる。とりあえず時間が許す限りできるだけ足しげく、ほうぼうのカントリー倶楽部に足を伸ばしたいと願うなら、いろいろな意味でマイ・ゴルフライフの「トータルエネルギーソリューション」を考慮したほうがよさそうだ。

たとえば仲間と1台のクルマで移動するだけでも、環境負荷を抑えることにつながる。あるいは環境により優しいクルマに買い替えることを、検討してもいいだろう。その選択肢のひとつとして今、強くおススメしたいのが「ベントレー」のクルマたちだ。

単に移動する足としての燃費の良さを推しているわけではない。高級感や高品質感ばかりを、誇って欲しいわけでもない。ベントレーというブランドのクルマ作りに対する取り組みや企業体としての姿勢そのものが、とても重要な「哲学」に貫かれていることを、知っておいてはいかが?という提案だ。

これからの100年も「時代に即した最良」を求めて

ベントレーが「持続可能なラグジュアリーモビリティのリーダーを目指す」と宣言したのは、2020年11月のこと。創業100周年を迎えた歴史あるブランドは、これからの100年を見据えた新たなる一歩を踏み出した。

画像: 2020年に始まったベントレーの「ビヨンド100」戦略は、ベンテイガやフライングスパーなどのプラグインハイブリッドモデルとして具体的な製品化が始まった。2022年1月27日には、2025年からフルバッテリーEVを毎年1車種ずつ、5年間発売し続けるという「ファイブ・イン・ファイブ」計画を発表している。

2020年に始まったベントレーの「ビヨンド100」戦略は、ベンテイガやフライングスパーなどのプラグインハイブリッドモデルとして具体的な製品化が始まった。2022年1月27日には、2025年からフルバッテリーEVを毎年1車種ずつ、5年間発売し続けるという「ファイブ・イン・ファイブ」計画を発表している。

もともと英国発の超高級車ブランドとして広く知られるベントレーだが、ラグジュアリーカーであると同時に積極的に運転を楽しむためのドライビングファンにこだわり続けてきたブランドでもある。

その背景にあるのは1919年に創業された後、1920年代初頭から盛り上がりを見せた、ル・マンなどの自動車レースでの勝利の歴史だ。中でも超上流階級のクルマ好きである「ベントレーボーイズ」たちの活躍は、ベントレー車の高性能・高品質ぶりを世界に知らしめた。

この時代に育まれた「ラグジュアリーグランドツーリング」という不動の価値は、その後もベントレーを特別なブランドとして育ててきた。それは、ベントレーのモノづくりの根本を流れる「時代に即した最良の製品を生み出す」という哲学にも通じている。

This article is a sponsored article by
''.