「20XX年までに電動化モデルを全車種に用意する」とか「XX年までに全モデルをBEV(バッテリー電気自動車)にする」といったニュースが耳目を集めている昨今だが、2022年に日本上陸を果たしそうな輸入車を並べてみると、コンベンショナルなパワープラントを積むニューモデルが“意外と少なくない”ことに気が付くはずだ。つまり2022年は、将来的に「エンジン車が数多くデビューした最後の年」として記憶される重要な1年、となる可能性を秘めている、といえそうなのだ。ここではそうした注目モデルを順に紹介していきたい。まずはSUVにスポットを当てる。(これはMotor Magazine 2022年2月号の記事を再編集したものです)

3列シート標準装備するジープ グランドチェロキーL

2022年も数多くのSUVがデビューするが、中でも注目株といえるのがグランドチェロキーLだ。いわずと知れたジープのフラッグシップSUVだが、10年ぶりにフルモデルチェンジを受けた新型のスタイリングは、1963年デビューのワゴニアからヒントを得たもの。ロングノーズを生かした端正なデザインが印象的だ。

画像: 従来型からひとまわりサイズアップした「グランドチェロキーL」。スタイリングは端正な力強さに溢れている。オフロードの走破性も相変わらず高い。

従来型からひとまわりサイズアップした「グランドチェロキーL」。スタイリングは端正な力強さに溢れている。オフロードの走破性も相変わらず高い。

新型グランドチェロキーLのもうひとつの特徴は、全モデルが3列シートとされたこと。モデル名のグランドチェロキーに続く“L”の文字が3列シートモデルの証だ。全長は5.2m、全幅はほぼ2mと立派な体躯で、パワープラントには3.6L V6エンジンと8速ATを採用。オンデマンド方式の4輪駆動を継承する。

画像: ワイルドな魅力たっぷりのジープのピックアップ、「グラディエーター」。全長は5.6mあり日本の道路事情に合っているとは言えないが、それでも欲しくなる。

ワイルドな魅力たっぷりのジープのピックアップ、「グラディエーター」。全長は5.6mあり日本の道路事情に合っているとは言えないが、それでも欲しくなる。

ジープから登場するもうひとつの大物がグラディエーターだ。これはラングラーのピックアップ仕様というべきモデルだが、ホイールベースが延長されていることもあって迫力満点。しかも、ラングラーから圧倒的な走破性を受け継いでいることはいうまでもない。

This article is a sponsored article by
''.